お問い合わせ 注文書ダウンロード

インクジェットTシャツの気になる色落ち事情について

洗濯したTシャツの色落ちを気にする

インクジェットTシャツの気になる色落ち事情について

洋服を店で購入するときに「こんなデザインのTシャツがあればなぁ」と思ったことはありませんか。そうした理想を実現するのがインクジェットTシャツです。デジタルデータをそのままTシャツの生地にプリントできるので、好きなデザインのTシャツをつくれます。ただし、インクジェットTシャツには気をつけるべき点があります。それが「色落ち」です。今回はインクジェットTシャツの色落ちを防ぐ方法について紹介します。

インクジェットTシャツの魅力とは

以前はオリジナルTシャツといえばシルクスクリーン印刷が一般的なプリント方法でした。もちろん今でもシルクスクリーン印刷を採用している業者は多数いますが、現在ではインクジェットプリントが主流になりつつあります。オリジナルTシャツをつくるうえでインクジェットプリントを使うメリットは1つではありません。その中でも大きなメリットは版代がかからないことです。そのため、シルクスクリーン印刷に比べ低コストでつくれるうえ、1枚からでも製作が可能な点です。

ほかにもシルクスクリーン印刷では困難であったグラデーションや微妙な色合いもきれいに出せ、そのうえ、黒や紺といった濃い色のTシャツ、えりや裾、袖などTシャツ全面に印刷できます。また、ユニフォームなどのように一人ひとり別々の名前や番号をつけても低コストでつくれる点もインクジェットプリントの大きな魅力です。インクジェットプリントは、汎用性が高く、小ロット・低コストのプリントTシャツを実現しました。

最大の敵となるのがTシャツの色落ち

シルクスクリーン印刷に比べ、低コストで鮮やかな色合いを出せるインクジェットプリント。しかし、当然ながらデメリットはあります。その1つが金色や銀色、蛍光色といった派手めな色合いのプリントができないことです。インクジェットプリンタはCMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)の4色をかけ合わせて色を表現しています。そのため、特殊な色が出せないのです。

そして、もう1つのデメリットが色落ちや色移りです。もちろん、これはインクジェットプリントに限った話ではなく、プリントTシャツにとっては少なからず存在するデメリットです。ただ、プリント方法によってそれぞれ洗濯の際に注意すべき点は異なります。ではインクジェットプリントの場合、どういった注意が必要なのでしょうか。

色落ちしない洗濯の方法を学びましょう

オリジナルTシャツは通常、記念品や思い出としてつくる一点もののことが多いため、洗濯の際にはより慎重になる必要があります。インクジェットTシャツの洗濯方法としては、1回目の洗濯時であってもほかの洗濯物にまで色移りをする可能性は低いと言えます。しかし、気になる場合は白物とはわけて洗濯してください。

また、より長持ちさせるには、2回目以降であっても洗濯機に入れる際に裏返したうえで洗濯ネットなどに入れるようにするといいでしょう。洗濯による色落ちや色移りは完全に防ぐことはできませんが、ちょっとした心遣いでダメージの度合いは変わってくるはずです。

インクジェットTシャツはインクを吹きつけることでデザインを印刷するので、どうしてもインクの色落ちが懸念されます。ただ、洗濯の際に少し気を遣うだけで結果が大きく異なるので、洗濯の際は常に注意しましょう。特に初回時は手厚い対応を心がけてください。

ホシミでオリジナルTシャツを作りませんか?

ここまで記事をお読み頂きありがとうございました。私たちホシミプリントワークスでは、オリジナルTシャツをはじめとした様々なアイテムのプリントを行っております。

個人のお客様や学生やサークルなどの団体様だけでなく、法人様向けにアパレル製品のOEM生産も対応しています。デザインや納期にお困りの場合でも、ぜひお気軽にお問い合わせください。

安定品質を安心価格で

安定品質を安心価格で

超特急!最速二日後お届け

超特急!最速二日後お届け

小ロット対応や大口割引も

小ロット対応や大口割引も

ホシミプリントワークス
クラスTシャツやチームTシャツなどオリジナルTシャツ・デザインプリントの作成を行っています。 湘南・茅ヶ崎から全国各地へオリジナルウェアをお届け!! Tシャツのこと・デザインのことを更新していきます! SNSもやっているので気軽にフォローしてください♪

「ビジネス」のコラムをもっと見る

Page Top