お問い合わせ 注文書ダウンロード

草野球・リトルリーグで行うデザインTシャツ作成

同じTシャツを着てベンチに座る子供

チームに愛着を持ってもらう手段としてのオリジナルTシャツ

社会人の草野球や小学生のリトルリーグは、会社や地域のリーグで野球を楽しめる場です。プロのようにはいきませんが、それぞれのチーム運営は的確に行う必要があり、チーム存続のために常に手を打っていく必要があります。チームに愛着をもってもらう手段の一つとして、メンバー全員でチームTシャツを作成するのはいかがでしょうか。

背番号入りのオリジナルTシャツ作成も

現在、少子化やサッカー人気の影響もあり、野球をする子どもはもちろん、大人も以前に比べ減少しています。全日本軟式野球連盟によると、小学生の軟式野球登録チームは2010年の14,824から2014年には12,663とわずか4年で2,000チーム。社会人チームも1986年のピーク時に比べ2014年には20%も減少しています。

この減少に歯止めをかけるには、まずは現在、チームにいるメンバーにさらに野球やチームに愛着を持ってもらうことです。そのひとつの手段としておすすめなのが、オリジナルTシャツの作成です。ユニフォームにはチームをひとつにし、団結力を増す効果があります。そしてそれはTシャツも同様です。練習のときだけではなく、遠征や打ち上げのときにメンバー全員でチーム独自のTシャツを着れば、団結力はさらに強固なものとなります。

オリジナルTシャツは、全員お揃いのデザインが基本ですが、胸の部分のデザインはお揃いにして、背中部分は選手それぞれの名前や背番号を入れることも可能です。そうしたちょっとした工夫が、選手のチームへの愛着をさらに強いものにしていきます。

チームに欠かせないマネージャー・父兄の存在

チームへの愛着心を持ってもらううえで、一体感や団結心は重要なポイントです。そして一体感や団結心を持つのは選手だけではなく、チームに関わるすべての人が持つことが必要と言えます。

マネージャーはもちろん、特にリトルリーグでは父兄の協力がなければ、チームを運営していくことは非常に困難です。オリジナルTシャツは、選手だけではなくチームを裏から支えるマネージャーや父兄も一緒に作成することが、チームの活性化のためにも必須といえます。

野球チーム全員がおそろいだからこその価値

選手だけでオリジナルTシャツを作成するのであれば、ユニフォームだけでも問題はありません。それだけでも十分に一体感や団結力は生まれます。しかしチーム全体を盛り上げるのであれば、やはりマネージャーや父兄といった裏方で頑張っている人も一緒でなければ意味がありません。

選手、裏方がともに同じものを着用することで、初めてチームしての一体感や団結力が育まれます。そしてチーム一体となり、盛り上がっているチームを見ることで野球に興味を持つ方が増える可能性も高まります。

以前のような野球人気をもう一度取り戻すには、まず野球が楽しく魅力のあるスポーツであることを、野球をやっているものがアピールしなくてはなりません。そのためには、チームとして一体感を持って取り組む必要があります。チーム全員でオリジナルTシャツを作成することは、そのひとつのきっかけとして大きな役割を果たします。

チーム名を決めたらチームTシャツをぜひ作りましょう!

チーム名を決めるほど真剣に取り組むのであれば、オリジナルデザイン・プリントのチームTシャツの作成もぜひご検討ください。私たちホシミプリントワークスは、バスケや野球、バレーやサッカーなどのスポーツ用途や学祭・地域のお祭りなどのイベント用途など、幅広いニーズにお応えしてきた実績がございます。

チームでオリジナルのTシャツを作成することで、一体感も生まれます!自社工場という強みのもと、高品質・短納期での対応には自信がありますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。

 チームTシャツ作成の詳細はこちら

ホシミでオリジナルTシャツを作りませんか?

ここまで記事をお読み頂きありがとうございました。私たちホシミプリントワークスでは、オリジナルTシャツをはじめとした様々なアイテムのプリントを行っております。

個人のお客様や学生やサークルなどの団体様だけでなく、法人様向けにアパレル製品のOEM生産も対応しています。デザインや納期にお困りの場合でも、ぜひお気軽にお問い合わせください。

安定品質を安心価格で

安定品質を安心価格で

超特急!最速二日後お届け

超特急!最速二日後お届け

小ロット対応や大口割引も

小ロット対応や大口割引も

ホシミプリントワークス
クラスTシャツやチームTシャツなどオリジナルTシャツ・デザインプリントの作成を行っています。 湘南・茅ヶ崎から全国各地へオリジナルウェアをお届け!! Tシャツのこと・デザインのことを更新していきます! SNSもやっているので気軽にフォローしてください♪

「イベント」のコラムをもっと見る

Page Top