お問い合わせ 注文書ダウンロード

冬場の定番アウター各種類を解説!ジャンパーとブルゾンの違いは何?

冬に備えて知っておきたいアウター

冬に備えて知っておきたいアウターを使ったオシャレ術

いよいよ迎える冬本番。徐々に気温も低くなり、寒さが増してくるころですが、オシャレさんにとっては、着回しを楽しむ季節の到来とも言えます。しかし、冬物のアウターはさまざまな種類があり、ジャンパーとブルゾンなど違いがわからないものなどもたくさん存在します。そのため、冬本番を迎える前にまずは定番のアウターの各種を押さえておくことをおすすめします。今回は特に違いがわかりにくいジャンバーとブルゾンを中心に、それぞれの特徴やアウター着こなしのコツについて紹介します。

冬物のオシャレはアウターのセンスで決まる

冬以外の季節はオシャレな着こなしができているのに、冬になるとなぜかオシャレ感に欠けてしまう。そうした傾向がある方の原因の多くはアウターにあります。オシャレはほぼ第一印象で決まるといっても過言ではありません。そのため、冬場のオシャレはアウターのセンスがあるかどうかが大きなポイントになります。いかにセンスあるものを選ぶか、そしてセンスよく着こなすかを意識することが重要です。

アウターのセレクトをミスるとなぜオシャレ感に欠けてしまうのか?それはアウターをオシャレ着としてではなく、防寒服ととらえているからではないでしょうか。寒い冬を乗り越えるために、オシャレに着こなすよりもまずは寒さから身を守ることを第一義にアウターを選ぶため、どうしてもオシャレ感に欠けた見かけになってしまうのではと考えられます。

その最たる例はダウンジャケットです。ダウンは非常に暖かく、冬のマストアイテムであることは間違いありませんが、暖を取れるからといって毎日同じダウンを着ていてはオシャレだと思われることはないでしょう。暖かくすることに集中してしまい、オシャレに見えなという場合は、全体のコーディネートを考えたうえでアウターを選ぶようにすることをおすすめします。

種類豊富にそろえておきたい定番のアウター

全体のコーディネートを考えたうえでアウターを選択する場合、まずは自分が持っているインナーに合わせて複数のアウターをそろえておきたいものです。アウターは大別してコート、ジャンパーなどに分けられます。ここではそれぞれの特徴について紹介します。

コート 防寒、防水、防汚などの機能があるもっとも外側に着る上衣の総称。腰辺りまでの短めのものから足首近くまである長めのものまでその種類は豊富です。代表的なものは、ノッチドカラー、胸元の箱ポケット、両脇のフラップ付ポケットなどが特徴のチェスターコート。スエード仕上げした羊の毛皮を使ったムートンコート。後ろの襟が高く、前が低く折り返す形が特徴でもっともシンプルなデザインのステンカラーコートです。もともとは1950年代に採用された米国地上軍の極寒防寒衣料の51年型モデルを指すモッズコートのほか、Pコート、ダッフルコート、ベンチコートなどがあります。
ジャンパー ジャンパーとは丈の短い上着の総称です。ただしダウンジャケットのようにジャンパースタイルでありながら丈の長いジャンパーもあります。代表的なものは、野球選手がウオーミング-アップのときに着ていたことから流行したスタジアムジャンパー、ジョギングや軽いスポーツをするときに着るナイロンジャンパー。ほかにはウィンドブレーカー、MA-1、フライトジャケットもジャンパーの一種です。

ほかにもジャケット、パーカー、ジャンパー・コートなどアウターの種類は幅広く、この中からお気に入りや定番のものを数種類そろえておけば、さまざまなシーンで活用が可能になります。

意外と知らないブルゾン・ジャンパーの違い

ブルゾンとジャンパーの違い

代表的なアウターについて触れましたがが、その中でブルゾンも代表的なアウターなのではと思われた方は多いかもしれません。もちろん、ブルゾンは多くの方がアウターとして活用していますが、実はブルゾンとジャンパーは違いがありません。呼び方が異なるだけなのです。

日本ではジャンパーは作業着、ブルゾンは少し高級感のあるオシャレ着といったなんとなくの区分けがあります。しかし、実はブルゾンとはジャンパーのフランス語読みであり、基本的にはどちらも裾や袖口が絞られたウエスト丈の服ということでは変わりません。

つまり、ファッション誌やオシャレ上級者がそうしたブルゾンという呼び方を使い、それが流行して定着しただけで大枠のカテゴリーはジャンパーと変わりません。しかし、ジャンパーは作業着などおじさんが着ている味気ないデザインの印象があるので、ブルゾンというちょっとしゃれっ気のある呼び方が若者を中心に人気を博したのだと考えられます。

着こなしで差がつくブルゾンのかっこよさ

ちなみにブルゾンはウエスト丈が基本となるため、オシャレに着こなすポイントはボトムの選択、そしてレイヤードを意識したコーディネートです。ブルゾンの特徴である裾や袖口が絞られたデザインを活かすには、スキニージーンズなどの細目のシルエットのものを合わせることでスタイリッシュなイメージを演出できます。

またレイヤードを意識したコーディネートでは、ブルゾンの前を開け、ブルゾンよりも長めのシャツやカットソーを合わせることで縦のレイヤードをつくります。またインナーに白Tシャツを合わせ、裾からのぞかせることで体の中央に横の白いラインができ、縦のレイヤードがより強調されるようになります。

使い古しのアウターも着こなしの工夫でおしゃれに

使い古しのアウターも着こなしの工夫でおしゃれに

アウターはものによってはかなり高額になるため、毎年新しく複数のアウターをそろえることは難しいかもしれません。そこでおすすめは使い古しのアウターの着回しです。コーディネートさえ工夫すれば、使い古しのアウターであっても新鮮味を出すことは可能です。反対にちょっと古びている方が、あえてそれをチョイスしているという上級のオシャレ感をアピールできるかもしれません。

たとえばシックな色合いのブルゾンに迷彩柄のパンツを合わせる、逆にボトムもシックなトラウザーパンツを合わせることで大人の雰囲気を演出するなど、同じアウターでもボトムを変えることでまったく違った表情を出すことができ、マンネリ感を払拭することができます。冬物のアウターは頑丈につくられており、数年にわたり着回しができるものばかりです。そのため、型落ちしたアイテムでもコーディネートの工夫で洗練されている感を演出できるでしょう。

定番アイテムの着こなしが冬のファッションを制す

アウターは基本的にTシャツやカットソーなどに比べ価格が高いこともあり、数をそろえるのが大変なため、毎回同じアウターを着てしまいがちです。しかし、そうすると毎回同じ服装のイメージがついてしまい、オシャレさんとは程遠い印象になってしまいます。そのため、まずは冬物のアウターの定番をきちんと学んだうえで、自身のレパートリーを増やしていきましょう。

いつもはコートしか着ない人がブルゾンなどを着て、ちょっと雰囲気を変えれば周囲をはっとさせることができるかもしれません。そうするためには基本の着こなしのバリエーションを学ぶことが先決です。

ホシミでオリジナルTシャツを作りませんか?

ここまで記事をお読み頂きありがとうございました。私たちホシミプリントワークスでは、オリジナルTシャツをはじめとした様々なアイテムのプリントを行っております。

個人のお客様や学生やサークルなどの団体様だけでなく、法人様向けにアパレル製品のOEM生産も対応しています。デザインや納期にお困りの場合でも、ぜひお気軽にお問い合わせください。

安定品質を安心価格で

安定品質を安心価格で

超特急!最速二日後お届け

超特急!最速二日後お届け

小ロット対応や大口割引も

小ロット対応や大口割引も

ホシミプリントワークス
クラスTシャツやチームTシャツなどオリジナルTシャツ・デザインプリントの作成を行っています。 湘南・茅ヶ崎から全国各地へオリジナルウェアをお届け!! Tシャツのこと・デザインのことを更新していきます! SNSもやっているので気軽にフォローしてください♪

「ファッション」のコラムをもっと見る

Page Top