Tシャツにオリジナルのポケットを付けてアレンジしよう

Tシャツにオリジナルのポケットを付けてアレンジしよう

最近流行りのポケット付きTシャツ。ポケットのバリエーションもさまざまで、無地のものや柄が入っているもの、プリントされているものなど多種に渡ります。Tシャツにポケットが付いているだけでコーディネートのアクセントになりますが、そのポケットをご家庭にある端切れで簡単に取り付けてリメイクすることができます。

Tシャツにポケットをつけておしゃれにアレンジ

ポケットの形や大きさは好みにもよりますが、胸のポケットは8cm角程度がちょうど良いサイズになります。今回は一番オーソドックスなスクエア型のポケットの付け方をご紹介。ご家庭でも簡単にポケット付けができれば、中途半端な端切れや着れなくなったお気に入りの洋服なども有効に活用することができますね。
スクエア型ができるようになったら、ラウンド型やベースボール型などにもチャレンジしてみてください。

ポケットを付ける最適な位置

ポケットを付ける位置はとても重要で、寄りすぎたり上すぎたり思っていた位置と違ってしまったらまた取り外して…ととても手間がかかる上に生地にも負担がかかり穴が空いてしまうこともあります。そうならないためにも基本のポケットを付ける位置を覚えておくことが重要になってきます。
スタンダードなクルーネックTシャツの場合、ポケットの中心がTシャツの中心から10cm、ポケットの上がリブから7〜8cmが丁度左胸に収まる位置です。ここを基本に好みの場所にずらして行くと良いでしょう。

端切れでできる簡単なポケットの付け方

端切れでできる簡単なポケットの付け方

好みのポケットの大きさによりサイズは変わってきますが、付けたいサイズよりも横がプラス2cm縦がプラス4cmほどの大きさがあれば取り付けることができます。8cm角のポケットであれば、横10cm縦12cmあれば端切れでもポケットを取り付けることが可能に。

ポケットの付け方(8cm×8cmスクエア型の場合)

生地をカットする 生地をカットする
左右下はそれぞれ1cm、ポケット口は3cmほど縫い代部分をつくる。
8cm角の場合、縫い代を含めて縦12cm横10cmになる。
ポケット口をつくる ポケット口をつくる
ポケット口を1.5cmの三つ折りにしてアイロンで折り目を付けで端を縫う。
左右下を折る 左右下を折る
左右下を1cmずつ折り返してアイロンをかけて折り目を付ける
ポケット取り付け位置に合わせて縫う ポケット取り付け位置に合わせて縫う
ポケットをTシャツの取り付け位置に置いてマチ針で固定したあと図の通りに縫い付ける

ポケットを利用したプリント方法

自分でポケットを付けることを想定してプリントデザインを考えてみることもできます。もともとポケットが付いているTシャツにポケットの中にプリントすることはできないので、このような場合は後付けでポケットを付けます。
ポケットを取り付けなくてもポケット風のデザインにしてみるのもかわいいですね。

ポケットを活かしたデザイン

ポケットに活かしたデザイン

ポケットの中にプリントがされています。後付けならではのデザインです。
ポケットの上部にプリント。既成のポケット付きTシャツはTシャツと同じ色・生地ですが、自分で取り付けると好きな柄や生地にすることができます。 おまけ、フェイクポケットのデザイン。

今流行のポケット付きTシャツですが、普通のTシャツに自分の好きな生地や端切れで簡単にポケットを取り付けることができます。取り付け位置をしっかりと見てオリジナルのポケット付きTシャツを作ってみませんか?

ホシミでオリジナルTシャツを作りませんか?

ここまで記事をお読み頂きありがとうございました。私たちホシミプリントワークスでは、オリジナルTシャツをはじめとした様々なアイテムのプリントを行っております。

個人のお客様や学生やサークルなどの団体様だけでなく、法人様向けにアパレル製品のOEM生産も対応しています。デザインや納期にお困りの場合でも、ぜひお気軽にお問い合わせください。

安定品質を安心価格で

安定品質を安心価格で

超特急!最速二日後お届け

超特急!最速二日後お届け

小ロット対応や大口割引も

小ロット対応や大口割引も

Order自動見積り・見積り依頼は商品ページで!

ホシミプリントワークス
クラスTシャツやチームTシャツなどオリジナルTシャツ・デザインプリントの作成を行っています。 湘南・茅ヶ崎から全国各地へオリジナルウェアをお届け!! Tシャツのこと・デザインのことを更新していきます!SNSもやっているので気軽にフォローしてください♪

「ファッション」のコラムをもっと見る