お問い合わせ 注文書ダウンロード

Tシャツのシワを効率よく取れるアイロンのかけ方

アイロンがけ

Tシャツにアイロンがけをすることの重要性を知りましょう?

洋服をパリッとした清潔感のある見た目に整えるために不可欠なアイロンがけ。しかし、ことTシャツに関しては、アイロンをかけない方が主流なのではないでしょうか。アイロンをかけることによって見映えだけでなく、素材の質も保たれるので、大切に長く着続けたいTシャツの場合は特にアイロンがけを心がけるようにしましょう。そこで今回はTシャツのシワを取るためのアイロンのかけ方をご紹介します。

Tシャツのアイロンがけは少数派

Yシャツやブラウスにはアイロンをかけても、Tシャツにアイロンをかける人はあまりいらっしゃらないと思います。 洗濯をしてハンガーにかけて乾いたらタンスにしまう、といった流れが一般的ではないでしょうか? 男性女性にかかわらずTシャツにアイロンをかけるという人は少数派であるといって間違いありません。

しかしどんなにしっかりと洗濯をしていたとしても、アイロンをかけている洋服とかけていない洋服では見映えが大きく変わります。それはTシャツであっても同じです。しっかりとアイロンがけをしたTシャツは、すっきりと見映えがよくなります。

Tシャツにアイロンがけをするメリット

Tシャツに多少のシワがあっても気にしないかたは多いのかもしれません。しかしアイロンをかけることはシワをなくし見映えをよくするだけではありません。それ以外にもいくつかのメリットがあります。

1.清潔感が出る
シワのないTシャツは見映えがよくなるだけではなく、清潔感も大きくアップします。爽やかなイメージの強いTシャツですが、アイロンをかけることで爽やかさがより強調されます。

2.Tシャツが長持ちする
同じTシャツを繰り返し着ていると、特に首回りなどがヨレヨレになってしまいます。そうなればTシャツもそろそろ寿命かなと思われるでしょう。しかし、ヨレヨレになったTシャツでもアイロンをかけることで新品同様とはいかないまでも、十分着られる状態に蘇ります。

実践!Tシャツのアイロンがけの方法

それではTシャツにアイロンをかける方法について具体的にご紹介します。その前に注意点として、アイロンがけをする前にTシャツのタグに記載されている表示を必ず確認してください。アイロンマークに☓がついているものはアイロンがけができません。またプリントTシャツの場合、プリント部分にはバンダナや手ぬぐいといった当て布をするようにしてください。

次にアイロンの設定ですが、綿素材の場合、よほどシワがひどくなければスチームアイロンを使います。またアイロンの温度は160~210℃の高温でかけることが一般的です。かけ方としては、首から裾、肩から袖といった形で上から下にかけるのが基本です。また濃い色のTシャツの場合、肩回りなどの縫い代に直接アイロンを当てると。アタリといって表面がテカテカになる場合があります。これを防ぐには、アイロンを少し浮かしてスチームを出しながら仕上げるとキレイに仕上がります。

「YシャツならともかくTシャツにアイロンはかけなくてもいいや」という方は多いかもしれません。しかしTシャツもきちんとアイロンをかけて大切に着ることで持ちが違くなります。きちんとした洋服を着ることで気分も大きく変わってくるので、今回紹介したアイロンのかけ方をぜひ実践してみましょう。

ホシミでオリジナルTシャツを作りませんか?

ここまで記事をお読み頂きありがとうございました。私たちホシミプリントワークスでは、オリジナルTシャツをはじめとした様々なアイテムのプリントを行っております。

個人のお客様や学生やサークルなどの団体様だけでなく、法人様向けにアパレル製品のOEM生産も対応しています。デザインや納期にお困りの場合でも、ぜひお気軽にお問い合わせください。

安定品質を安心価格で

安定品質を安心価格で

超特急!最速二日後お届け

超特急!最速二日後お届け

小ロット対応や大口割引も

小ロット対応や大口割引も

ホシミプリントワークス
クラスTシャツやチームTシャツなどオリジナルTシャツ・デザインプリントの作成を行っています。 湘南・茅ヶ崎から全国各地へオリジナルウェアをお届け!! Tシャツのこと・デザインのことを更新していきます! SNSもやっているので気軽にフォローしてください♪

「ファッション」のコラムをもっと見る

Page Top