お問い合わせ 注文書ダウンロード

カフェ・喫茶店の制服で採用したいカジュアルTシャツのデザイン

オシャレなカフェのユニフォーム

カフェで働きたくなる理由の1つは制服デザイン

学生の働いてみたいバイト先で常に上位に名前が挙がるカフェ店員や、最近再ブームの喫茶店は、おしゃれな雰囲気で働けることもさることながら、おしゃれ好きな人からすればもっとも魅力的に映るのはスタイリッシュな制服姿ではないでしょうか。「あの制服を着たいから、あそこの店で働きたい」と職場を選ぶ1つの基準となることも珍しくはないようです。そこで今回は最近、増えつつあるカジュアルなイメージのカフェに最適なオリジナルカジュアルTシャツのデザインについて紹介します。

スタイリッシュな印象の喫茶店やカフェ店員の制服

カフェや喫茶店での仕事は、思っている以上に重い荷物の持ち運びも多いうえ、基本的に立ち仕事になるため、見た目は華やかですが実際にはかなりハードです。しかし、それでもカフェや喫茶店で働きたいという人が後を絶たない理由として、お店や制服などのイメージの良さが挙げられます。お店自体はもちろん、そこに集まるお客様や店員のすべてに、おしゃれなイメージを持っている方は多いようです。

パリッとしたシャツにお店のイメージカラーを使ったエプロンをつけ、お客様を切り盛りする店員の姿を目の当たりにすれば、憧れてしまうのも仕方ないかもしれません。特に女性店員の制服はおしゃれなものもあれば、同姓から見てもかわいいイメージのものもあり、それだけで多くの人を惹きつける魅力があります。

カジュアルに決めるなら喫茶店もカフェもTシャツがおすすめ


カフェの制服は前で触れたようにパリッとしたシャツといったイメージがありますが、最近ではカジュアルな服装をOKとするカフェも増えています。これはアメリカの例ですが、2016年7月、スターバックスは「あなたらしいスタイルで、あなたらしく働くことを応援します」というメッセージとともに新たな従業員のドレスコードを発表しました。

それまでエプロンの下に着るもののカラーは黒、白、カーキの無地のみとなっていたものが、チェックやストライプ柄のシャツ、デニムの着用が可能になるうえ、帽子、ネクタイ、スカーフといった小物の着用も認められるようになっています。

またアメリカだけではなく、日本でも動きやすさという観点から、制服としてカジュアルなTシャツを採用するカフェや喫茶店が増えています。もちろんTシャツといってもおしゃれでかわいいといったイメージはそのままに、店舗によってさまざまな趣向が凝らされています。Tシャツを制服としたカジュアルさを売りにするカフェは、これからの1つのトレンドと言えます。

喫茶店やカフェ店員の格好はお店のコンセプトに合わせること

一口にカフェや喫茶店と言っても、スターバックスやブルーボトルコーヒーに代表されるような、確かな味とオシャレさを大切にしている店舗もあれば、最近ではカフェなのに肉料理を提供したり、さらには蕎麦やうどんまでオーダーできたりするお店も増えているようです。近年では、内装がオシャレな店舗も数多く増えているだけに、オーナーさんもそれぞれの特徴を出せるように企業努力をすることを惜しみません。

ただ、そうなるとお店の制服もただオシャレであればいいのではなく、きちんとその店のコンセプトに合わせることが重要になります。上記で挙げたようにアメリカンな肉料理などであれば、基本的にはオシャレなカフェのコンセプトを踏襲する形でも問題ないかと思いますが、それこそ蕎麦やうどんを提供するのであれば、“和テイスト”を加えることをおすすめします!

アメリカをコンセプトにしたデザイン 和をコンセプトにしたデザイン

たとえば、Yシャツの制服にエプロンという、カフェや喫茶店でよく見られるスタイルにするのではなく、思い切って割烹着のような制服を取り入れてみると個性が出るでしょう。ただ、「それはさすがにオーバーだ」とお考えであれば、Tシャツにエプロンなど、シンプルで汎用性の高い制服を採用してみるのもいいかもしれません。とにかくお店のコンセプトとミスマッチな制服のセレクトは、非常にもったいないので、その点には注意しましょう。

意外性も大切な喫茶店やカフェの制服のセレクト

秋葉原を筆頭に一世を風靡したメイドカフェのように、店員が着る制服によってその店のコンセプトや雰囲気を上手くお客様に伝えることも可能です。そのため、今後出店を検討しているオーナーさんであれば、「制服なんてどれも同じ」と投げやりに考えてしまうことは、止めましょう。前述したようにTシャツでカジュアルに決めるのも全然悪くない選択肢なので、きちんとコンセプトに沿ったセレクトをすることが重要です。

最近は、スタッフがキャラクターに扮したコスプレカフェや、店員が全員眼鏡をかけているカフェなどもあり、そうしたアイデアでお客様の心をつかんでいるようです。ここまででさまざまな意外性のあるお店について触れてきましたが、そうしたアイデアを制服のセレクトにも反映すべきでしょう。きちんとした考えに基づいたものであれば、話題を呼ぶことでお店の宣伝効果も期待できるのではないでしょうか。

オリジナルの喫茶店・カフェTシャツを販売しているケースも

喫茶店やカフェの制服は本当に多種多彩であり、そのお店の個性を表していると言っても過言ではありません。ただ、カジュアルに決めたい店はやはりTシャツを選ぶ傾向にあります。東京や横浜、大阪、福岡などに店舗を展開し、日本にも多くのファンを持つアメリカ発祥のハードロックカフェ。ここでは古くからオリジナルのTシャツを販売もしています。ハードロックカフェのロゴ入りTシャツを始め、ロックスピリッツを感じさせるTシャツが多く、ハードロックカフェのブランドイメージアップにも貢献しています。

スタイリッシュなシャツにエプロンをつけた制服姿の店員はすごくかっこよくておしゃれに見えますが、そんな中でお店のオリジナリティを出しつつ、カジュアルに決められるTシャツに注目が集まりつつあります。

Tシャツはデザインの自由度が高いため、その店独自の色を出しやすいことも、店舗の差別化要因としておすすめです。そういった意味でも制服にその店独自のデザインを施したオリジナルTシャツを採用することは、店のブランドイメージを体現するうえでも打ってつけのアイテムだと言えるでしょう。

ホシミでオリジナルTシャツを作りませんか?

ここまで記事をお読み頂きありがとうございました。私たちホシミプリントワークスでは、オリジナルTシャツをはじめとした様々なアイテムのプリントを行っております。

個人のお客様や学生やサークルなどの団体様だけでなく、法人様向けにアパレル製品のOEM生産も対応しています。デザインや納期にお困りの場合でも、ぜひお気軽にお問い合わせください。

安定品質を安心価格で

安定品質を安心価格で

超特急!最速二日後お届け

超特急!最速二日後お届け

小ロット対応や大口割引も

小ロット対応や大口割引も

ホシミプリントワークス
クラスTシャツやチームTシャツなどオリジナルTシャツ・デザインプリントの作成を行っています。 湘南・茅ヶ崎から全国各地へオリジナルウェアをお届け!! Tシャツのこと・デザインのことを更新していきます! SNSもやっているので気軽にフォローしてください♪

「ビジネス」のコラムをもっと見る

Page Top