お問い合わせ 注文書ダウンロード

家族の記念の1枚に!七五三写真のおすすめの活用法とは?

七五三の記念写真

七五三のお祝いで撮影した写真をどのように活用していますか?

どの家庭にとっても子どもの成長はかけがえのないものです。そして、その成長を記録する節目と言えるのが七五三のイベントではないでしょうか。普段を着ない着物やスーツ、ドレスを着飾っておめかしするわが子を見て、親御さんは成長を実感するものです。さて七五三といえばそんな思い出を写真撮影するのが定番ですが、撮った写真はアルバムにしまっておくだけでしょうか。今回は最近の七五三の際の記念撮影事情や、撮影した写真の活用方法について考察します。

七五三は家族にとって大切な節目のイベント

七五三の由来は、江戸時代、五代将軍である徳川綱吉の長男、徳川徳松の健康を祈ったのが始まりという説もあれば、室町時代に死亡率の高かった幼児期を乗り切ったことを神様に感謝する儀式として始まったなど諸説ありますが、一般庶民の間で定着したのは、江戸時代のようです。

七五三は基本的に女の子が3歳と7歳、男の子が3歳と5歳にお祝いをします。それには次のような意味があります。

3歳(髪置)
昔は、男女ともに乳幼児のころは髪を伸ばさずに剃る風習がありました。それをやめて髪を伸ばし始めるのが3歳で、これを「髪置」といいます。七五三ではなく髪置祝いとする地域もあります。

5歳(袴着)
平安時代からある古い習慣で、その当時は男女問わず、3歳から7歳の間に行われた幼児に初めて袴をはかせる儀式が起源になっています。江戸時代以降は5歳の男児にのみ行う儀式として定着し、現在では七五三のお祝いとなっています。

7歳(帯解)
室町時代にはすでに行われていたもので、当時は5歳の男の子、7歳の女の子が初めて付紐のない着物を着て、帯を結ぶ儀式です。これもやはり江戸時代ぐらいから女の子だけの儀式として定着し、その後、七五三のお祝いとなっています。

江戸時代やそれ以前と現在では七五三の意味合いも変わってきています。しかし、今も昔も子どもの成長を喜び、感謝する親御さんの温かな気持ちには何ら変わりはありません。七五三はいつの時代も家族にとって子どもの成長を祝う大切なイベントなのです。

定番となるのは着飾った姿での写真撮影

晴れ着姿の子供達を写真撮影

七五三に限ったことではありませんが、家族での節目のイベントの定番といえば写真撮影です。特に七五三はお子さんが初めて着物や羽織袴を着る機会になります。自分たちだけで撮影するのではなく、写真スタジオでプロに撮影してもらう方が多いのではないでしょうか。

ベネッセが2015年9月に1,482人に対して行った七五三に関するアンケート結果によると、七五三のお祝いをする予定がある方は全体の61%、そしてどういったお祝いをするかといった問いに対して、実に1,000人近くが「写真館などで記念撮影」と回答しています。「神社などにお参り」が約800人なので、お参りはしなくとも写真撮影だけは行うという家庭も、かなり多いことがわかります。

子どもの晴れ着姿は親御さんにとっては、かわいくて仕方がないものです。成長過程にあるそうした大切な瞬間はキレイな画として残してあげたいと考えるのが親心であり、お金をかけてでもきちんと撮影会を行いたいという家庭が大半であるという結果になっています。

多くの家族が前撮りをするワケとは?

かつて七五三は写真撮影とお参りをセットとして11月15日に行うことが一般的でした。しかし、そうなると11月15日前後に写真撮影が集中することになり、せっかくのお祝いにもかかわらず、撮影を急かされることになったり、場合によってはその日に撮影ができなくなったりするといった事態が起こってしまいます。

そこで写真館では、11月15日よりも前に撮影だけを済ませてしまう前撮りのサービスを始めるようになりました。前撮りをすることのメリットは次の通りです。

メリット1:時間をかけてゆっくりと撮影ができる

込み合っている日に撮影となると、長時間待たされたり、いざ撮影となっても時間が短かったりと、落ち着いて撮影に臨むことができません。結果として「もっとこうすればよかった」「ああすればよかった」と後悔することにつながってしまう場合もあります。しかし、前撮りであれば、落ち着いてゆっくりと時間をかけて撮影ができるため、そうした後悔も生まれにくくなります。また、撮影とお参りを別の日に行うことで、子どもも飽きたり、疲れたりすることなく、最高の表情を撮影することが期待できます。

メリット2:早期割引など特典が多い

写真館にもよりますが、多くの写真館では前撮りを予約すると、通常よりも安く撮影できる、ポストカードや写真立てのプレゼントがあるなど、さまざまなお得プランが用意されています。

上記のようなメリットがあるため、現在では七五三の写真撮影を前撮りする家族が増えています。

写真データをすべてほしがる家庭も多数

アルバム

写真館では数十枚から数百枚の写真撮影を行い、その中からベストな写真を選びアルバムにしたり、写真データだけを購入したりすることもできます。しかし、撮影された写真を見ると「選べない」「すべてほしい」という方も多いのではないでしょうか。

実際、2016年9月に写真撮影スタジオ「アリス」が、50人のお母さんに行ったアンケートによると、撮影した写真データは「安いなら全部ほしい」も含め、ほしいと回答したかたは全体の76%という結果が出ています。記念の写真はなるべく手元に残しておきたいという親御さんの気持ちが反映された結果だと言えるでしょう。

また、購入したデータはどうしているかといった質問では、「翌年の年賀状に使った」「プリントして祖父母にプレゼントした」「引き伸ばして玄関に飾った」といった回答がありました。もちろん、どれも子どもの晴れ姿をみんなに見てもらうという意味で素晴らしいものですが、せっかくですからもっと記念に残る形で保存してみてはいかがでしょう。そこでおすすめしたいのが、オリジナルTシャツに写真をプリントする方法です。飾っておくだけではなく、身につけることでより鮮やかな記念として残すことができます。

七五三の思い出写真でTシャツ作成も

男の子にとっては5歳のタイミングで、女の子なら3歳、7歳といずれも幼少期に迎える七五三。まだあどけない育ちざかりのタイミングなだけに、親御さんとしては記念の写真はもちろんのこと、子どもの思い出になるイベントにしたいものです。七五三の着飾った写真は、どの家庭でも大切に保管するはずですが、写真Tシャツをつくるのもまた、変わった面白いアイデアだと言えるでしょう。

そうした七五三の大切な写真をTシャツにプリントしたいという場合は、ホシミまでご相談ください。ホシミでは写真プリントを承っており、ご家族の思い出のシーンもTシャツにして保存する方法も提案しています。興味のある七五三を控えたお子さんを持つ親御さんは、ぜひお問い合わせください。

ホシミでオリジナルTシャツを作りませんか?

ここまで記事をお読み頂きありがとうございました。私たちホシミプリントワークスでは、オリジナルTシャツをはじめとした様々なアイテムのプリントを行っております。

個人のお客様や学生やサークルなどの団体様だけでなく、法人様向けにアパレル製品のOEM生産も対応しています。デザインや納期にお困りの場合でも、ぜひお気軽にお問い合わせください。

安定品質を安心価格で

安定品質を安心価格で

超特急!最速二日後お届け

超特急!最速二日後お届け

小ロット対応や大口割引も

小ロット対応や大口割引も

ホシミプリントワークス
クラスTシャツやチームTシャツなどオリジナルTシャツ・デザインプリントの作成を行っています。 湘南・茅ヶ崎から全国各地へオリジナルウェアをお届け!! Tシャツのこと・デザインのことを更新していきます! SNSもやっているので気軽にフォローしてください♪

「イベント」のコラムをもっと見る

Page Top