お問い合わせ 注文書ダウンロード

Tシャツ収納が楽になるたたみ方の裏ワザとは?

Tシャツを収納する子供

Tシャツのたたみ方によって収納が大きく変わる?

洗濯し終わったTシャツをタンスの中に収納する際に、雑なたたみ方に終始してはいませんか? Tシャツ1枚と言えどもたたみ方で収納力は大きく変わってきます。また、たたむスピードも速くなることで、洗濯後の整理整頓もおっくうではなくなるかもしれません。今回はTシャツのたたみ方に焦点を当てていきます。

意外とかさばるタンスの中のTシャツ

1枚1枚はそれほどかさばらないTシャツですが、枚数が増えてくると収納もそれなりの場所取るようになってきます。またTシャツは1年を通して着られることから、頻繁にタンスから出し入れをすることになります。そのためタンスにはしまわずにハンガーにかけっぱなしといったかたも多いのではないでしょうか?

しかし常にハンガーにかけっぱなしでは、部屋の中がすっきりしません。またお客様を自宅に招き入れるにも、そのたびに別の部屋に移動したりしなくてはなりません。これではいつまでたっても部屋が落ち着きません。

タンスにしまう場合でも前述したようにTシャツは枚数が増えると意外とかさばってきます。そういった意味でもしっかりと整理整頓をしておかないと、いざというときに着たいTシャツがどこにあるのかわからない、あったとしてもしわくちゃになっていて着られないといったことになりがちです。そこで重要になってくるのが、「たたみかた」と「しまいかた」です。

たたみ方1つで変わる整理整頓の出来映え

普段、Tシャツをたたむ際、どういったたたみかたをされるでしょうか? よく見られるのがショップなどで見かける前身ごろの部分を上にして四角にたたむ方法です。見た目もすっきりしますし、もっともポピュラーなたたみかたといっていいでしょう。しかしこのたたみかたには問題点がひとつあります。

もっともポピュラーなTシャツのたたみかたの問題点、それは枚数が増えるとタンスに収納する際にかさばってしまうことです。ショップの棚に展示する際には見映えがよいたたみかたですが、タンスに収納するにはもっとすっきりとしまえる方法があります。それはショップで見かけるたたみかたをした際、少しだけすその方を長くし、中央の折り返し点から衿に向けて3つ折りにする方法です。

このたたみかたをして、タンスの前から後ろに向かって並べて収納していくと、どのTシャツがどこにあるかがすぐにわかる上、途中の1枚を抜き出しても崩れてしまうことがありません。結果として通常のたたみかたよりも収納枚数が増え、さらに整理整頓もしやすくなります。

アパレルさながらのたたみの技術を

Tシャツは1枚であればあまり場所をとらないかもしれませんが、複数枚あると収納の際にもかさばります。そのため、まずはたたみ方を工夫することによって、同じ枚数でもすっきり収納を目指してみてはいかがでしょうか。今回ご紹介したたたみかた、しまいかたをおぼえてしまえば、スピーディーにかさばらず整理整頓ができるようになり、きちんとできてなかったタンスの中が見違えるかもしれませんよ。

ホシミでオリジナルTシャツを作りませんか?

ここまで記事をお読み頂きありがとうございました。私たちホシミプリントワークスでは、オリジナルTシャツをはじめとした様々なアイテムのプリントを行っております。

個人のお客様や学生やサークルなどの団体様だけでなく、法人様向けにアパレル製品のOEM生産も対応しています。デザインや納期にお困りの場合でも、ぜひお気軽にお問い合わせください。

安定品質を安心価格で

安定品質を安心価格で

超特急!最速二日後お届け

超特急!最速二日後お届け

小ロット対応や大口割引も

小ロット対応や大口割引も

ホシミプリントワークス
クラスTシャツやチームTシャツなどオリジナルTシャツ・デザインプリントの作成を行っています。 湘南・茅ヶ崎から全国各地へオリジナルウェアをお届け!! Tシャツのこと・デザインのことを更新していきます! SNSもやっているので気軽にフォローしてください♪

「ファッション」のコラムをもっと見る

Page Top