お問い合わせ 注文書ダウンロード

カッティング転写は1枚からTシャツにナンバリングもできるプリント

カッティング転写は1枚からTシャツにナンバリングもできるプリント

ナンバリングや少数プリントにはカッティング転写がベスト

試合用のユニフォームなどにプリントされている名前と番号が入ったナンバリングですが、カッティング転写プリントを使えばオリジナルTシャツにも簡単に印刷することができます。また、各プリント箇所が1色でご注文枚数が少ないときはシルクスクリーンで使用する版を作る必要がないのでコストを押させてプリントできる場合があるのが特徴です。

カッティング転写プリントとは

カッティング転写専用のシートを使ってTシャツに熱圧着でプレスして転写プリントする方法です。シートを専用の1枚ずつカットしていくので、量産型のプリント方法ではありませんが、発色の良いきれいな仕上がりになります。

カッティング転写プリント基本情報

特性 最低
版数
濃色
印刷
細部
表現
転写 1色 可能
価格帯 短納期
対応
最大サイズ
(mm)
生地種別
中〜高 260×380 綿   :◯
ポリ  :◯
ナイロン:◯

カッティング転写は色の発色が良いのが特徴

カッティング転写用シートは、シート自体がとてもしっかりとしていて黒Tシャツなどの濃色生地に影響されることなくきれいに発色するのが特徴です。シートカラーもブラックやよホワイトなど通常カラーを含め、ラバープリントよりも発色が良い蛍光系やゴールド系と種類も豊富にあります。

ホワイト・ブラック
ラバープリントよりもツヤ感があります。

ホワイト転写 ブラック転写

金・銀

ラバープリントの金銀インクは、細かな粒子が入っているインクでざらつきがありますが、転写プリントの金銀はツヤ感があり高級なイメージです。
金銀プリントに関する記事は、金銀プリント!細かいラメの粒子が入ったキラキラするインクで記載しています。

金転写 銀転写

蛍光系
シルクスクリーンプリントの蛍光インクは半透明なため、蛍光インクだけでプリントすると生地色が透けてしまいますが転写プリントであれば生地色に影響されずにプリントすることができます。

蛍光 蛍光ピンク

カッティング転写とラバープリント・デジタル転写プリントの比較
Tシャツプリントの中で最も基本的なシルクスクリーンのラバープリント・同じく1枚からプリント可能なデジタル転写プリント・カッティング転写を比較しました。

ラバープリントに関する記事は【Tシャツプリントの基本】ラバープリントの印刷方法や注意点でくわしく記載しています。

フルカラートナー転写に関する記事はTシャツに馴染むフルカラートナー転写プリント!縁なし転写が可能で記載しています。

プリント面

カッティング転写プリント
シート自体がしっかりしているので、生地色が透けることはありません。色もきれいに発色します。

ラバープリント
Tシャツプリントの中でもっともスタンダードなプリント方法。
発色がよく、細かいデザインもきれいに発色します。インクに硬さがあるため、プリント面は生地目がなく重たい印象です。
フルカラートナー転写プリント
転写紙にデザインを1枚ずるプリントしてからTシャツに転写します。
フルカラープリントが可能で、濃色生地にも生地色の影響を受けずにきれいにプリントできるのが特徴。
プリント面は生地に馴染む風合いでプリント部分も生地目が出ます。3つの中で一番重くならないプリント方法です。

生産性

カッティング転写プリント
1枚ずつカットして手作業で余分な場所をカットしていくので、量産型ではありません。個人名や番号などのナンバリングや、1色プリントで1枚からなどの少ない枚数をつくる場合に有効です。そのようなときはラバープリントよりも低価格でつくることができる場合がありますので、ご相談ください。

ラバープリント
版を作成して流れ作業でTシャツにインクを刷っていくので、量産型のプリント方法です。数枚単位での印刷には向いていないのでご相談の上カッティング転写やインクジェットプリントに変更していただく場合があります。

フルカラートナー転写プリント
カッティング転写のように余分な部分をカットする工程はないので、カッティング転写よりも量産性はあります。フルカラー総柄のナンバリングなど普通とは違ったプリントができるのが特徴です。

ナンバリングに関しては、ナンバリング専用ページをご覧ください。

カッティング転写の特徴を活かしたデザイン

自分の名前と番号を入れたナンバリングプリント。オリジナルTシャツで胸面を共通、背中をナンバリングにするとよりオリジナル感を出すことができます。 ナンバリング以外もプリントが可能です。細かいデザインには向きませんが発色の良いきれいなプリントが可能です。

カッティング転写プリントのメリットデメリット

メリット Tシャツ本来の風合いや通気性が損なわれにくい
ナチュラルな風合いに仕上がる
使用するごとに生地に馴染み、ヴィンテージ感が出る
デメリット 濃色生地へのプリントは発色が良くない
ラバープリントに比べ、細かいデザインの再現には不向き
枚数が少ない場合にはコスト高

カッティング転写プリントのまとめ

  • 個人名と番号を入れるナンバリングプリントができる
  • 大量生産には向いていない
  • 発色が良い
  • 金銀や蛍光などシートの種類が豊富

ユニフォームのような1枚ずつ個人名と番号を入れるナンバリングプリントが簡単にできるカッティング転写。転写シートをカットして熱圧着するプリント方法です。量産にはあまり向いていませんが、発色がきれいで生地色に影響されないのが特徴です。

ホシミでオリジナルTシャツを作りませんか?

ここまで記事をお読み頂きありがとうございました。私たちホシミプリントワークスでは、オリジナルTシャツをはじめとした様々なアイテムのプリントを行っております。

個人のお客様や学生やサークルなどの団体様だけでなく、法人様向けにアパレル製品のOEM生産も対応しています。デザインや納期にお困りの場合でも、ぜひお気軽にお問い合わせください。

安定品質を安心価格で

安定品質を安心価格で

超特急!最速二日後お届け

超特急!最速二日後お届け

小ロット対応や大口割引も

小ロット対応や大口割引も

ホシミプリントワークス
クラスTシャツやチームTシャツなどオリジナルTシャツ・デザインプリントの作成を行っています。 湘南・茅ヶ崎から全国各地へオリジナルウェアをお届け!! Tシャツのこと・デザインのことを更新していきます! SNSもやっているので気軽にフォローしてください♪

「ビジネス」のコラムをもっと見る

Page Top